Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無農薬の田んぼ

 無農薬にチャレンジしている田んぼは田植えの前にもうひえが生えてきます。でも前にご紹介した秋に糠をまき、荒代をかいて水を張った田んぼはご覧のとうり草が生えてきません。冬の間に草の種が土壌深くに沈み糠の層より下にあるためです。今後この田んぼを追跡していきます。CA3A0199.jpg

追記を表示

スポンサーサイト

無農薬にチャレンジ

無農薬で稲を育てようとすると上代をかいたとたんに、ひえが生えてきます。これ全部ひえの苗です。ほって置くと田植えをした稲が見えなくなります。自然の植物は強いです。CA3A0200.jpg

鮎のためし釣り(日野川 生山地区)

 日南町名物と言うか風物詩と言うか6月1日の鮎漁解禁を前に日野川漁協によるためし釣りが5月24日に生山の旧役場前で行われました。あいにくの雨で笹にごりおまけに水温が15.8度といつもより5度も低く条件は良くなかったのですが、2時間で13~15匹の釣果で最高18.5cmのすごく綺麗な鮎が釣られていました。日南町生山より上流の鮎は日野川源流でかつ水量もまずまずありますので味も姿も逸品の鮎です。ひつこいようですが、鮎もお米も綺麗な水がおいしく育ててくれます。CA3A0198.jpg

 

田植え

 5月連休から始まった田植えも終盤を迎えています。美里の苗も田んぼで気持ちよさそうです。でも自然は甘くありません、この時期まだ日南町は放射冷却放射による霜がふります。霜が降りそうだなーと考えられる朝の前日には、田んぼの水を多くして苗を水没状態にして霜から守ってあげます。万が一霜にあったら苗は一度枯れたようになります、しかしまた復活して青さを取り戻します(その分成長は遅れます)生きる力は偉大です。霜が降った日はさわやかな晴天になります。
 CA3A0197.jpg

すっぴんトマト

 日南町は、トマトの産地としてもがんばってます。そして今、注目度No.1はトマトジュースです。品名は、すっぴんトマトがメインで日南町産桃太郎品種100%のすごうまジュースです。その他モーツワルトの音楽を聞かせて育てた音楽熟成トマトジュースなどあります。5月6日は食博にも出展されました。特別栽培米 コシヒカリ 奥大山海藻米 美里(きより)同様よろしくお願いします。CA3A0194.jpg

川つつじ

 連休も終わり田植えシーズン真っ盛り!ですが田植えの話題をブログに掲載するのは後日とし、川つつじがあまりにもカレンで綺麗なので今回は、川つつじを紹介します。    
 川つつじと私たちは呼んでいますが本名はわかりません。見た目は山に咲く山つつじとよく似ていますが、山つつじは5月の連休前には散ってしまうのに、川つつじは今が見ごろです。このつつじ川の水際の岩の上にのみ根ずきます。日野川上流では所々に転々と見ることができます。護岸とか人の手がかかったところには絶対に生えません。
 珍しくカレンなため以前は持ち帰る心無い人が多く、あまり見られなくりましたが、最近はそんな人も減りたくさん見ることができます。息の長い花なのでもう少し見ごろが続くとおもいます。CA3A0195.jpg

行ってきました!09食博覧会大阪

 食の博覧会(インデックス大阪)に行ってまいりました。人、人、人、田舎者の、わたくしはそれだけでぐったりでしたが、鳥取県西部中小企業青年中央会 みなとのまぐろバーガーのメンバーやStudio 縁en のつっぴー先生ご夫妻そして鳥取県西部本部米田本部長をはじめとする鳥取県の皆さんに助けていただき無事、田舎に帰ってまいりました。ご来場の皆様、スタッフの皆さん本当にありがとうございました。
 奥大山海藻米 美里(きより)は鳥取県ブースのキッチンスタジオで1日3回おにぎり(1回8合で120ケ程度)を試食していただきながら、パンフレットを配布させて頂きました。皆さん、甘いとか、もちもちしてるとか、おいしいとか、それぞれにお褒めの言葉を頂きながら、あっと言うまに完食してくださいました。CA3A0189.jpg

09食博覧会

 大阪の南港で開催中の食博覧会に5月3日から5月6日までの4日間、奥大山海藻米 美里(きより)を出展します。きよりファンの皆様、鳥取県および日南町ご出身の皆様、場違いなところで一人浮いている可能性がありますのでブログをみられた方は、ぜひ応援に来てください!食のみやこ鳥取県のブースの一部にいるはずです。まぐろバーガーのとなりだと思います。CA3A0186.jpg

Appendix

プロフィール

kaisomai

Author:kaisomai
日南町海藻米生産者組合は、今年から日野川の源流の地、鳥取県日南町の田んぼに、境港産の海藻を丁寧に鋤き込み、おいしくて安全で環境にやさしい米作りを始めました。なぜおいしいのか、なぜ安全なのか、なぜ環境にやさしいのか、私たちのお米作りをご紹介します。


最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。